これだけ注意すればオッケーなのです複合機の比較

現代のオフィスには必要不可欠な存在である複合機は、様々な契約形態で導入することができます。様々なメーカーが多彩な機能を搭載した機種を製造販売していますが、そのいずれを導入する場合についてもどのような契約形態で導入するのが最もお得であるかどうかをしっかりと比較検討する必要があります。機能面で検討する場合にはメーカーや、機種ごとの比較がとても大切になりますが、コスト面で検討するのであれば契約形態についてもしっかりと見ておかなければなりません。複合機を現金で購入してしまうのか、長期のリース契約を結んで運用するのか、短期のレンタル契約をすることで柔軟に対応できるようにするのか等を決めなければならないのです。この辺を明確にすることにより最も望ましい選択肢を選択することができます。

複合機を導入する際のいくつかの方法について

オフィスに複合機を導入しようとする場合、どのような契約で導入するかがまず最初に重要になってきます。煩雑な支払い方法を避けたいがために購入という方法をとるのも1つの手段ではありますが、必ずしもお得とは限りません。ある程度の期間を利用したリース契約を結んだほうがお得になる場合もありますし、短期の運用想定しているのであればレンタル契約にしたほうがお得な場合もあります。また万が一の故障のことを考えると保守契約にあたる契約のことも考えておかなければならないでしょう。これらの要素全てを総合的に判断した結果、最も無駄がないと思われる選択肢を絞り込まなければならないのです。後から変更することは不可能である場合が多いため、導入時点で必要な知識を身に付けておく必要があります。

お金のかかる消耗品の契約形態について

複合機を製造販売している業者にもよりますが、一般的に複合機本体の価格は安く抑えることで販売を促進し、消耗品であるトナーなどを販売することで利益を得ていくビジネスモデルを採用しているメーカーが多いと言われています。そのため契約の段階で消耗品に関する部分もしっかりと比較検討する必要があります。一般的な選択肢としては消耗品の買取契約を結ぶか、1枚あたりいくら支払うと言う従量課金契約を結ぶかのいずれかが選択可能です。これらはどちらが絶対的にお得であると言う選択肢ではありません。どのような使い方をするのかによってどちらがお得であるかが決まります。そのため導入の前の段階でどのような使い方をするのかをある程度イメージしておかなければならないのです。白っぽい印刷が多いのであれば消耗品は購入したほうが良いでしょう。またベタ塗りに近い印刷をするのであれば従量課金の方がお得になります。