複合機を比較するポイントはズバリこれ

複合機を比較する場合、ランキングコストを重視するケースは多く在りますが、ランキングコストと言うのは、複合機を導入して維持していく中での費用であり、トナーやコピー用紙などの消耗品のコスト、メンテナンス費用などがランニングコストになります。1台で、コピー機能、プリンター機能、ファックス機能、そしてスキャナー機能を備えているのが複合の特徴で、1台導入することで4つの機能を1台で賄うことが出来る、それぞれのOA機器の設置スペースの確保を考える必要が無い、そして4つの機能がまとまっているので、個別にメンテナンスなどを必要としないなど、省スペースが図れるメリットやそれぞれの保守などが個別に不要になるなどのメリットが在りますが、個別に導入した時のランニングコストを比較する事も大切です。

複合機を導入する時の費用比較について

複合機の導入方法には新製品を購入する方法、リース契約を交わし、リース会社から複合機をレンタルする方法、そして期間限定で複合機を導入する方法などが在ります。レンタルと言うのは月額料金を支払い利用するシステムで在り、短期間利用などの時にメリットが生かされると言った特徴が在ります。これに対し、新製品を購入する方法やリース会社と契約を交わす方法は、費用面において少ない費用で導入が出来るのがリース契約と言った違いが在ります。そのため、複合機を導入する場合には、利用目的などに応じて3つの導入方法を比較検討しておくことが大切です。尚、導入方法の一つとして中古機を導入する方法も在りますが、導入において重要な事は保守契約の内容を把握しておくことが大切で、故障などの時の費用についても考慮して導入をすることが大切です。

複合機導入時の保守契約について

複合機を導入する場合、新品、中古、リースなどの何れかを選んだ場合、必ず必要になるのが保守契約です。保守契約にはカウンター契約、スポット契約などの種類が在り、スポット契約は年間の保守料金が安くなるというメリットが在ります。これに対し、カウンター契約の場合は複合機に故障が生じた場合の修理料金、サービスマンの出張料金や技術料などが月々の支払に含まれているため、故障した際の費用がゼロになると言ったメリットが在ります。また、消耗品でもあるトナーの料金はカウンター料金に含まれているので実質無料になるため、パソコンからの印刷を多く行う会社、コピーを多く取る会社などの場合、消耗品のトナーコストがゼロになると言ったメリットが在ります。そのため、利用頻度に応じて保守契約を比較することが大切です。